車とエンジンの種類特集

自動車のエンジンには、大きく分けて、レシプロ型(往復動型)とロータリー型(回転型)の2種類があります。

一般的に広く使用されているのがレシプロ型です。このタイプは、シリンダと、シリンダの内部に収容されているピストンを備えています。
一般的には、ピストンの2回の上下動で、以下の4つの行程を順に行います。
シリンダ内へ燃料と空気の混合気を吸入し(吸気行程)、吸入した混合気を圧縮し(圧縮行程)、圧縮した混合気に点火して爆発させ(爆発行程)、爆発後の排気ガスをシリンダから排出します(排気行程)。
爆発行程での混合気の爆発時に、混合気が急激に膨張したときに、その膨張力によってピストンを一気に押し下げます。その押し下げの力を、クランクシャフトで回転運動に変換し、タイヤを回転駆動する駆動力として取り出します。

一方、ローター型は、ハウジングと、その中で回転するおむすび型のローターを備えています。ハウジングとローターとの間に3つの空間が形成され、これら3つの空間で、吸気、爆発、排気の3つの行程を順に行っていきます。
爆発行程での混合気の爆発によって、ローターを回転駆動させることで、ローターに連結されているシャフトを駆動する仕組みです。