Archive for 2月, 2016

空気を洗浄するエアピュリファイヤー

エアピュリファイヤーとは、車内の空気を清浄化するために取り付けられる空気清浄機のことを言います。車内は密閉された空間であり、そこで快適に過ごす上では空気が清潔であることが必要不可欠の条件です。

そして、各メーカーも走行する自動車内の空気清浄にも力を入れています。実際には車内は外気と繋がっており、外気中のホコリや花粉、粉塵、排気ガスなどが車内に取り込まれる可能性があります。

また最近話題にもなっているPM2.5といった微小粒子状物質が大気中を舞っている事実もあり、そういった汚染物質の除去などにもエアピュリファイヤーは有効となります。自動車にはエアコンを完備していますが、フィルターを通して大気中のゴミなどを取り除くことはあります。

しかし実際にはそれが専門ではないので、エアピュリファイヤーの様な空気清浄機の方が取り除く精度もアップします。他に車内においては、タバコや体臭、カビの臭いなどが充満することも多いですが、そういった臭いまでも浄化してくれます。

エアピュリファイヤーも通常の空気清浄機の様にフィルターが付いており、汚れたらそれを定期的に交換します。またエアピュリファイヤーの種類には、埋め込み式や設置タイプなど様々ですが、フィルターの交換時期を教えてくれるセンサーも付いているタイプもあります。

シートのドレスアップ

快適な乗り心地を実現していくにはまずは自動車の各パーツについて今一度確認していくような姿勢が不可欠となり、ここ数年はシートに着目する動きが強まっています。シートのドレスアップを実行すれば、日々の運転が楽しくなったり車への愛用度がより一層強いものへと変化していくことも期待されているため、予算の許す限りであれば積極的に実行に移す点が重要なのです。また期待に応える内容を見ていけば、メーカー側も販売数を増やしたり評価を上げるような方向にも結び付けていくことができます。以上の観点からもシートのドレスアップは、重要な役割を担っているという事柄がわかるのです。
それに加え最近は軽自動車が売り上げを伸ばしているので、燃費に優れたデザインの設計が求められています。パーツの見直しも検討されており、中でも運転席付近のシートは操作性や快適さが優先されるような状況になっているのです。肝心の座り心地を見ていけば、作り手の労力や想いをくみ取ることにもつながり、将来的な内容にも明るい兆しが生まれていくようになるわけです。したがって、シートの内容について一度自らインターネットで調べてみるような行動が大切になっていきます。

運転席周り以外のカーインテリアのドレスアップ

カーライフをより楽しく乗るためにカーインテリアをドレスアップする方法があります。
シートにカバーを取り付ける方法がありレザー調のカバーでより高級感を出すことができます。またメーターパネルまわりインテリアパネルに木目調の素材を取り付けて高級感を出すことと耐久性を高めることができます。またカーボン調のパネルでよりスポーティな感じを演出することもできます。
室内のあかりをLEDに変更してより明るくする方法があります。助手席などに取り付けてナビゲーターの人も明るさ感じることができます。
ミニバンやワンボックスなど広い室内を利用して後部座席をフロアボードに変更したりベッド仕様に変更する方法があります。これなら長距離のドライブなどでも室内で休憩をすることもできとても便利です。
またよりプライバシー感を出す方法として窓部分にカーテンを取り付けることや全席と後部座席を間仕切りカーテンを取り付ける方法もあります。
カーインテリアとしてオーディオ関連をより充実させていい音で音楽を楽しんだり、インテリアパネルに大型の液晶画面やヘッドレスト液晶モニタを取り付けて助手席や後部座席の人も映像を楽しんで室内の居住性を高めることができます。

インストルメントパネルの色の選び方

見易さで統一されたインストルメントパネルは、走行時を快適な環境へと導いてくれるのです。ハンドルを握っている際にストレスなく操作できるようであれば安全運転においてもかなりの確率で良い傾向が生まれます。また視認性という観点でデザインコンセプトから見直されたインストルメントパネルもあり、主となるスピードメーターの大きさや矢印の色合いなどを工夫したタイプも最近は話題を集めているのです。また夜間の走行中にも安心して確認できるような蛍光タイプを用いたことで、表示機能の洗練さにも貢献しています。インストルメントパネルは車内の機器の中では重要な位置を占める事柄になっていくため、軽自動車から高級車までほぼすべてのものが改良されたシステムを登用しているのです。
その一方で高級感を演出していくようなインストルメントパネルもあって、立体的なメーター表示を可能にしています。また中心に目が行く機会が多いことから、その部分の液晶ディスプレイに便利な機能を集約させて、一歩先を行くスポーティーなデザインにも貢献しているわけです。ボディなど外装で自動車を選ぶことが多い中、インストルメントパネルなどの機器にも目を向けていくことが重要です。

フットペダルのドレスアップ

自動車のインテリアのドレスアップには様々な方法がありますが、見た目だけでなく操作性、快適性を向上させるのに有効な物も多数あります。
そうした中でも運転席周りのカスタムを行なうことでより快適に運転できる環境を作り出すことが出来ます。
比較的手軽かつ効果的なカスタムの方法としてフットペダルをカスタムするというものがあります。
これは既存のフットペダルに金属製のカバーを取り付けることで、見た目をスポーティ、あるいはスタイリッシュにすることができるものです。
フットペダル用のパーツは非常に多くの種類のものがありますが、どれも取付方法は簡単で、両面テープと金属の板で既存のペダルを挟み込むことで装着することができます。
AT車、MT車どちらにもそれぞれ対応した商品が売られていますし、ペダルの寸法に合わせて選択することができます。
ペダルの大きさによってはぐらついたり、装着できない場合もあるので、各商品の対応寸法をよく確認して取り付けることが大切です。
こうしたパーツは見た目を変えるだけでなく、ペダルの大きさを大きくすることでより操作をしやすくしたり、とっさの操作でも脚が滑りにくくする効果も得ることができるので、より快適なドライビングを楽しむことが出来ます。

シフトレバーと取り付けの注意

運転席周りをドレスアップするのは自分だけの個性を示す方法としては非常に手軽で楽しいものです。少しずつアクセサリーを追加したり、またオリジナルにはない内装を取り付けたりすることも自分の個性を示す方法としては非常に有効です。
しかし、シフトレバー周りのパーツの取付には注意が必要です。シフトレバーは車の動作を左右する重要な部分である上とっさに操作することが必要になる部分であるため、その際に操作の妨げになる様な取り付け方をすると事故に繋がる危険性があるからです。
シフトレバー周りには基本的にこのようなアクセサリーを取り付けることは極力避けること、また取り付ける場合には自分が運転する姿勢になって操作をする際に妨げにならないことを事前に十分に確認することが必要です。
また、最近ではシフトレバー自身を交換する人も少なくありません。特に多いのが柄の長い物に交換することですが、これはその操作性を損なう上に、とっさの操作の際に操作を誤る可能性があること、また第三者が運転する際に操作が出来ないなどの問題が生じる可能性があるので一般的にはあまりおすすめできないものです。最終的には自分が最も運転しやすい形にすることが大切です。

インパネのメーター

インパネのメーターには日本のモノづくりの英知が込められており、中でも商用車には驚くべき装置が搭載されています。そういったこともあり、最近はこの部位だけを研究している人も出てきているのです。さらに軽自動車やリムジン車など幅広い車種へ対応していくような動きも強まっており、コンピュータ制御で便利に操作できるような機能も搭載されています。今後の動向を踏まえ、賢明な判断をするような方向性を持ち合わせていく部分が重要なのです。
その一方で最新式のメータを理解していくことで、快適なドライブを演出していく方向性も生まれていくのです。便利な内容はどんどん吸収していくことが大事な側面につながっていくため、これからの時代を見据えて実用的な行動をとるようにする動きも大事です。また昨今の自動車業界は環境に特化した内容や自動運転のノウハウを完璧にするような内容が優先されるため、慎重に研究の成果を発揮させるような方向性が重要となります。
以上の事柄を冷静に振り返っていけば、メーターにまつわる内容についてもよい兆しが出ていきます。また常にベストを尽くしていくことで、最適な内容を駆使した性能を発揮していく方向になるのです。

ステアリングホイールのデザインについて

車におけるインターフェースはドライバーが直接触れる操作系の部分です。インストルメントパネル、ステアリングホイール、ペダル、シート、シフトノブ、サイドブレーキレバーといったところがインターフェースです。ドライビングに意識的なカーマニア、エンスーであるほどインターフェースにはとてもこだわります。ひとえに操作がしやすい、手になじむといったことだけではなく、コアなドライバーはドライビング中、ステアリングからフロントタイヤのグリップをシートから路面の状態を探っています。インターフェースのひとつであるステアリングホイールは、カーショップに行けば数々の種類のものが店内所狭しと陳列され、ネット上ではステアリングホイールのアフターマーケット会社が名を連ねるだけではなく、オークションでも出品数が多く賑わいを見せています。ステアリングホイールの用途は操作性とドレスアップです。各用途によって様々な形状、材質、装備のものがあります。例えばサーキット等を走るスポーツドライバーはレーシンググローブをはめていることが多いですからレーシンググローブ着用時に最適なグリップを得られるスウェード製や細身グリップのものが用意されています。また純正よりも小口径のものにするのは主にドレスアップ用途の目的です。ウッド製は、ウッドインストルメントパネルと同様、好き嫌いがはっきり分かれますが、その味わいは抗し難いという一定のユーザーが存在します。市場では3スポークタイプが圧倒的に主流を占めていますが中には2スポークタイプもあります。

運転席周りのカーインテリアの重要ポイント

自分のお気に入りの車の車内をいろいろと飾るのはとても楽しいものです。男性であれば、黒や白を基調としてかっこよく飾ることでしょうし、女性であればぬいぐるみなどを置いて、キュートにかわいく飾ることでしょう。カーインテリアは、車専用のカーショップに行くとインテリア用品がとてもたくさん販売されていますので、自分好みの車に仕上げることができます。しかし、車内をいろいろ飾る際には注意が必要です。特に、運転席付近飾る際には気を付けましょう。では、どんな点に気を付ければいいでしょうか。例えば、香水やぬいぐるみなどの小物類を運転席前のフロントガラス付近に置くなら、運転中に小物類が転がってきてしまうという危険があります。ブレーキやアクセルを踏むときに、小物類が邪魔してしまうと事故につながりかねません。それで、小物類は運転席付近にあまり置かないようにするのは賢明です。もし、どうしても置きたい、という場合には粘着テープなどでしっかりと固定して小物類が滑り落ちないようにしましょう。また、小物類がフロントガラスに反射したり、ガラスを覆いつくしたりして前方が見えにくいというようなことがないようにも気を付けましょう。

快適性・利便性を車に求める場合のインテリアについて

車のインテリアには人それぞれのこだわりがあると思いますが、見た目よりもとにかく利便性を重視したい、と言う方も多いですよね。快適な空間にするためには、まずどのような目的で車を使用しているのかを考える必要があります。ファミリーカーとして、それも小さな子供がいる場合は、玩具やお菓子などの小物類をストックしておけるラック等を設けたり、長距離移動でグズった時のためにDVDプレイヤーを取り付けたりするのがオススメ。長距離ドライブが趣味の方は、ナビや音楽プレイヤーの操作性を良くしたり、飲み物が取りやすい位置にドリンクホルダーを付ける等の工夫で一層快適なドライブが楽しめます。仕事で通話をすることが多いけれどいちいち停車するのは面倒…という方は、ハンズフリーで電話にも即対応できるように、マイクがついたスマートフォンホルダーを搭載すると便利です。最近はスマートフォンの画面を車載モニタ上に映し出す便利なアイテムもあるので、メールの確認ができる上にマップをナビ代わりに使う等仕事の効率化も図れそう。恋人など同乗者が居る場合が多いという方は、助手席側にもドリンクホルダーを付けたり、女性に対してならバッグなどの手荷物を置けるスペースを確保するなどの気配りをすると、ポイントアップにも繋がりますよね。

最近の投稿