ABS(アンチロックブレーキシステム)とは

車のカタログを見ると、ABS(アンチロックブレーキシステム)搭載等といった文字を見かけることがあると思います。わざわざカタログに記載されているぐらいなので便利なものなのだろうけど、実際にはどんな仕組みかわからない。その様な人もいるかもしれません。ここでは、ABSの仕組みについて説明します。
ABSとは、ブレーキの力加減を制御する仕組みと言い換えることができます。止まる時には、ブレーキを踏みますが、急ブレーキ等、急につよい力をタイヤに加えた場合、ブレーキの力が強すぎて、タイヤがロックしてしまう場合があります。タイヤがロックしてしまうと止まるまでの距離である制動距離が長くなるだけでなく、ハンドルによるタイヤの操縦が効かない状況となり、とても危険です。ABSが作動すると、タイヤがロックしない範囲で最大限のブレーキ力に自動で調整がされ、安全に、且つ、最短距離で止まることをサポートしてくれているのです。これによって、運転する人はタイヤがロックする危険を考えることなく、ブレーキを踏むことができ、運転が苦手な人にとっても安心できる状況を作り出しているのです。
安全に止まるをサポートしてくれるABS。普段はあまり気にすることのない部分ですが、皆さんのカーライフをしっかりサポートしてくれているのです。

Comments are closed.

最近の投稿