エアーサスペンションの働き

サスペンションとは車のボディとタイヤの間に取り付けられる装置の事で、走行の際に伝わる路面からの衝撃を緩和する役割を持っています。
これがある事で快適な乗り心地を保つだけでなく、走行性能や車高などにも影響を与えるので車にとって非常に重要なものです。
サスペンションを構成するのはサスペンションアームとスプリング、ショックアブソーバーの3つのパーツになります。
その3つの内の1つショックアブソーバーはスプリングに大きく関わる働きをしています。
スプリングは伸び縮みをする事で衝撃を吸収しているのですが、その衝撃がある程度の力になるとその伸び縮みを繰り返してしまうという特性があります。
この揺り返しがあると乗り心地などに大きく影響するので、この揺り返しを抑えるのがショックアブソーバーなのです。
このショックアブソーバー部分に空気を利用するのがエアーサスペンションになります。
空気を使う事によるメリットは乗り心地が他の物と比べて非常に良いという事と、乗車している人数など重さに関わらず一定の車高を確保するという事があります。
メリットも多いのですが、どうしても高価になってしまうので高級車や大型トラックなどで採用されています。

Comments are closed.

最近の投稿