ディーゼルエンジンについて

ディーゼルエンジンはガソリンエンジンとは異なり、軽油を燃料とするエンジンです。ガソリンエンジンの場合、圧縮した混合気に点火プラグで火花を散らし爆発させることで回転力を得ますが、軽油の場合はガソリンエンジンとは比べ物にならないほどの高圧に圧縮することによって自己発火させることで爆発力を得ます。したがってスパークプラグはエンジンを始動するときだけに用いる点火プラグのみであり、電機系の部品が圧倒的に少ないのが大きな特長です。ただ、通常燃料を含んだ混合気を高密度に圧縮する必要があるため、エンジン自体にそれに耐えられるだけの強度が求められ、どうしてもエンジンの重量が増してしまうことが弱点の一つです。また一般的に振動と騒音が大きくなってしまう点も欠点とされています。ただしガソリンエンジンと比較しても寿命が長く、経済的にも優れているのが大きなメリットです。ヨーロッパでは日本における経由よりも高品質の軽油が用いられていることもあり、環境性のに優れているというイメージが定着しています。また、最近では日本でも新たな技術開発により従来よりも低圧縮で爆発させ環境性能に優れたエンジンが開発されました。今後、日本でもディーゼル車が普及していくものと考えられます。

Comments are closed.

最近の投稿