ディスクブレーキとは

ディスクブレーキは走行中に車輪と一体になって回転する円盤状のディスクローターをブレーキキャリパーに組み込まれたブレーキパッドで両側から押さえつけることで、その際に発生する摩擦力によって制動力を発生させるもので、運動エネルギーを熱エネルギーに変換して制動するブレーキシステムです。ディスクブレーキの長所は、主要構造が外部に露出していることにより通風が良く、制動時に発生する熱を効果的に放散することができ、耐フェード性が高い点とブレーキローターに水や汚れが付着した場合でもローターの回転で水や汚れを弾き飛ばしてしまうため、ウォーターフェード現象が起こりにくいといったメリットもあり、安定した制動力を得ることができるためフロントブレーキとして広く装着されています。

従って、一般的には前輪にディスクブレーキを、後輪にはドラムブレーキが採用されているのが殆どですが、高速走行時のブレーキングには大きな威力を発揮しますから、スポーツカーなどでは後部にも使われています。また、ドラムブレーキのリーディングシューのような自己サーボ効果がないため、トラックなどには不向きとされてきましたが、近年では高速走行時のブレーキ安定性やフェード性の良さなどの理由により、トラックなどの商用にもディスクブレーキの採用が増えています。

Comments are closed.

最近の投稿