DOHCの概要とは

DOHCとはダブルオーバーヘッドカムの略でSOHC(シングルオーバーヘッドカム)のように一本のカムシャフトでのバルブ開閉に比べて負担が軽く、高回転を発揮するために適したもので、高性能エンジンの場合、ほとんどの車に用いられている。
2本のカムシャフトを使用するため、別にツインカムとも呼ばれます。
カムと言われてもわからない人も多いでしょうが、オルゴールを例に挙げて話をしましょう。
オルゴールはぜんまいを巻くことにより音が鳴ります。
オルゴールの中身を見たことがある人も多いでしょうが、ぜんまいにはカムシャフトが取り付けられ、シャフトが回転することで、シャフト表面にある、突起がオルゴールの羽を弾き、音色を奏でるもので、これが自動車に応用されているのです。
自動車の場合カムシャフトがシリンダーヘッドに取り付けられた吸排気バルブの上部に直接設定されており、SOHCのようにロッカーアームを使うことなく、部品点数が軽減され、吸排気効率が良いため、高出力が可能となります。
概念上としてはSOHCを踏襲し、効率よくこれを改良したかたちとなります。
ただし、シリンダーヘッドが2つになるツインカムはフォーカムと表記されます。

Comments are closed.

最近の投稿