ドラムブレーキとは

ドラムブレーキは、ブレーキシューと呼ばれる部品が車輪とともに回転するブレーキドラムに内側から押し付けられて制動されます。ブレーキペダルを踏み込むと、ブレーキカムあるいはシリンダーのピストンによってシューのつま先が押し開かれ、シューがブレーキドラムに押し付けられてブレーキがかかります。ペダルを放せば、バネの作用でシューは元に戻ります。ブレーキドラムの回転方向が、つま先からかかとへ向かう方のシューをプライマリーシュー、かかとからつま先へ向かう方のシューをセカンダリーシューと言います。プライマリーシューは、ブレーキドラムとの摩擦力によって一層ブレーキドラムに押し付けられブレーキ力を増加します(自己倍力作用)。一方、セカンダリーシューでは、摩擦力が逆に抗張力を減らすように働き制動力は減少します。ドラムブレーキの特徴は、ディスクブレーキの特徴と対比させるとより明確になります。構造が単純で、軽量、コストが安い、自己倍力作用を持つことから絶対制動力ではディスクブレーキに勝る、といくつかのメリットを持つドラムブレーキですが、反面、内部が閉ざされているから放熱性が悪い(最悪の場合、フェードが起こる)、内部に水分が入った時、制動力が弱くなる(最悪の場合ウォーターフェードが起こる)といったデメリットもあります。ディスクブレーキの特徴は正にその逆であり、特に放熱性に優れる点がドラムブレーキに取って代わる理由です。またドラムブレーキは、シューがほんの数ミリ開くだけでドラムに接触するように作られていますので、微妙なコントロールができません。いわゆるカックンブレーキとなります(最悪ロックしてしまう)。

Comments are closed.

最近の投稿