エンジンブレーキとは

エンジンブレーキとは、フットブレーキと違い、エンジンの回転を利用したブレーキのことです。アクセルを踏むと、エンジンの回転が高まっていき、それに伴ってタイヤの回転も加速します。対して、アクセルを緩めると、エンジンの回転は遅くなり、タイヤの回転もゆっくりになります。この減速現象が、エンジンブレーキです。エンジンブレーキという機能が車に備わっているわけではなく、運転によって生じる減速のことになります。低いギアであるほど、より減速されます。ATの場合も、Dからシフトダウンすることで、より減速されます。
フットブレーキは、摩擦によってタイヤの回転を止めています。下り坂などで強い力がかかるほど、大きな摩擦熱が発生し、ブレーキの効きが悪くなってしまいます。ブレーキペダルの踏み込みが悪くなり、ブレーキが効きにくくなることもあります。そこで、エンジンブレーキを利用した減速を使うことによって、フットブレーキへの負荷を減らすことが可能です。フットブレーキに頼らず、適切な方法で速度調整をすることによって、フットブレーキの寿命を延ばすことができます。また、エンジンブレーキを利用することで、燃費の向上も期待できます。

Comments are closed.

最近の投稿