ふとした瞬間の急ブレーキ!危険防止以外はかけないようにするべき理由

急ブレーキというのは基本的に危険防止以外の時以外には、かけないようにすることが重要です。
逆にいうのであれば急ブレーキを踏むこと自体がすでに危険なことであるため、そのようなブレーキの踏み方をしている人というのは危険な運転をしているということになるのです。

急ブレーキが危険な理由というのはいくつもありますが、まず大きいのがそのようなブレーキのかけ方をしなければ止まれないということはちょっとしたことで、衝突をしてしまう恐れがあるということになります。
ほんの僅かにタイミングが遅れただけでも、車がとまる距離というのは大きく伸びてしまいますから普段から急ブレーキをかけているようでは、とまりきれずにぶつかってしまう可能性が飛躍的に高くなってしまうのです。

次に急にブレーキをかければ、車の制御がきかなくなってしまうというおそれもあります。
スピードが付いている所を急に減速すれば、車の制御が効きづらくなってしまいスリップやスピンをしてしまう可能性が高まってしまいます。
スリップやスピンをしてしまえば、後は制御をすることが難しくなってしまい重大事故に発展してしまう場合もあるので、急ブレーキはどうしてもかけなければならなくなってしまった時以外にはかけないように運転をすることが大切です。

Comments are closed.

最近の投稿