ハイブリッドエンジンについて

ハイブリッドエンジンは日本の自動車製造業が開発したもので、近年になって特許が切れたことにより、外国企業が参入して様々な機能や能力が付加され、開発当初のハイブリッドよりさらなる進化を遂げました。
日本企業と海外企業のハイブリッド技術の違いは燃費の点で歴然とした違いがあります。
日本企業が開発するハイブリッドは、元々日本が戦後の外交が不利となると、幾度と経験した石油危機のたびに、燃料調達に苦労してきた背景を持つため、他の諸外国に比べて燃料の消費に関する着目点が高かったことが開発の一躍を担ったと言えるでしょう。
ハイブリッドの弱点として、電池の寿命やパワー不足が問題としてありますが、パワー不足を補うためには、過給機などを搭載したハイブリッドなどが開発されました。

日本の場合、燃費を最大に考えるため、燃費最高モデルでは1リッターあたり最大で実質30キロメートル以上も走行が可能で、燃料タンクやエンジン、ボディーのダウンサイジングが現実的となり軽量化がさらに、燃費を向上させるものです。
プラグインハイブリッドなどの技術も海外企業に比べて進んでいるのですが、海外マーケットとして最大の北米市場では、馬力の点やバッテリー劣化時の高コスト面で不人気となるため、この問題の解消が今後の課題と言えます。

Comments are closed.

最近の投稿