いろいろなブレーキの種類と役割について

ブレーキの種類はフット、サイド、エンジンとアンチスキッドブレーキシステムがあります。フットの役割は踏み込むとタイヤに力が伝わり回転を止めようとして、その強弱によりタイヤに加わる力が変わります。静かに止まるには少し強めに踏み込んだり、ポンピングしてスピードが低速になったら、踏み込みを戻しながら止まる直前に少し強く踏みますと良いです。急ブレーキはタイヤと道路が摩擦しますのでタイヤが減ります。滑った場合はとても危険です。サイドは運転席横レバーや足元のペタル方式があります。役割は継続して停止して置きたい時に使用します。坂道で停車の場合はブレーキの効き目が無くなると危険ですので、タイヤ止めやタイヤを斜めにして置きます。エンジンの場合は変速ギアを低速にする事によってスピードを減速にする役割です。急に減速したい場合にペタルと一緒に使用すると効果があります。又、坂道を下る時にはこの方法を使用しますと、スピードがある程度保たれて安全性が高まります。アクセルを踏まなければガソリン供給しませんのでエコ運転にもなります。アンチスキッドは制御システムですので少し種類は違いますが一種のブレーキです。これは雨天等で滑る可能性がある場合に感知して制御する様にしています。

Comments are closed.

最近の投稿