かかる費用とポイント

車検は数年毎にやってくる自動車ユーザーにとって非常に大きな費用負担です。少しでも安く、そして自動車だからこそ安全・安心に済ませたいと誰しもが考えますが、車検の際にかかる各種料金や税金と節約のポイントを紹介します。
【絶対に節約できないもの】
自動車の重量税、自賠責保険、検査料金、これらの印紙代やりさいくる預託金は絶対に節約できません。定められたものですので、いくらユーザー車検であっても格安車検専門店であっても、必ず必要になるものです。ここは排気量と自動車の重さによって決まっているので、事前に把握しておきましょう。
【お店によって差が出るもの】
基本的な法定点検整備料金、各種部品や消耗品の部品代と交換工賃、セットで売り込んでくる各種サービス。これらは自動車のディーラーでは非常に高額になりますし、過剰なお奨めも多くみられます。一方、クイック車検などを売りにする格安車検のお店では、部品代を汎用品で下げたり、基本点検のお値段を下げたりという努力でトータルのお値段を下げてきます。
【ポイント】
車検は安全のために絶対必要なものですが、消耗品や部品の交換は、本当に必要な周期で対応することで大幅に無駄を削減することができます。車検に合わせてお願いしてしまおう、というのは自動車屋さんの思うつぼ。自分で適切な交換時期を把握して、車検における部品交換を極力少なくすることが、数年毎の大きな負担を少しでも軽減できるかのポイントです。

Comments are closed.

最近の投稿