交通ルールを守ろう安全な速度と車間距離とは

一般道路では自動車は標識や標示に示されている速度を超えて走行してはいけませんし、標識や標示が無い場合についても時速60kmを超えて走行してはいけません。また、車両の種類によっても指定されている最高速度が異なる場合もあるので、注意が必要です。ちなみに、原動機付自転車については、たとえ時速30km以上の標識や表示があったとしても、最高速度は時速30kmまでです。さらに、車両は急に停止することはできないため、安全に運転すためには常に適切な車間距離を取って走行することが重要です。車両が停止するまでには空走距離と制動距離というものがあり、空走距離は運転者が危険を察知してからブレーキをかけるまでの時間をいい、制動距離とはブレーキが効きはじめてから車両が実際に停止するまでの時間をいいます。そのため、車間距離には空走距離と制動距離を合わせた「停止距離」が必要になります。さらに、路面の状況(雨でぬれている場合など)や、タイヤの状況(すり減っている場合など)によっては制動距離が長くなってしまいますし、運転者の体調や能力次第では空走距離も長くなってしまうため、常に、余裕をもった車間距離をとって運転することが重要です。

Comments are closed.

最近の投稿