車におけるサスペンションの重要性と種類について

バイクに限らず、自動車やほかの乗り物にも取り付けられるようになったのは、路面のショックを吸収して乗り心地を良くするためでした。自動車がとても強い衝撃を受けてしまうと、運転手にも悪影響を及ぼしますし、さらに、車体の寿命も縮んでしまう可能性も高いです。路面のショックを吸収するだけではありません。自動車のスピード、コーナリング、そしてブレーキに影響がでます。この中でも一番影響があるのが、コーナリングです。コーナリングがよくなることによって、自動車のタイヤの負担を和らげたりすることが可能です。サスペンション形式があり、いくつかの種類があります。主な種類の一つはストラット式です。これは別の名でマクファーソンストラットという名称でもあり、実用車をベースとしたクルマのフロントで採用される形式で、世界の自動車で最も使われているものです。それに、初心者にも簡単に扱うことができるのが利点です。二つ目はダブルウィッシュボーン式です。主にミドルクラス以上のセダンやミニバンで採用されています。乗り心地を維持しながらもスポーツ性を高めることが可能です。そして最後はマルチリンク式です。マルチリンク式は走行性を重視しています。

Comments are closed.

最近の投稿