車のブレーキシステムを理解しましょう

ブレーキシステムには、機械式ブレーキと油圧式ブレーキがあります。パーキングブレーキ(サイドプレーキ)は機械式ブレーキであり、レバーやペダルに加えた力をロッド、ケーブル、チェーンなど(ワイヤーケーブルが一般的)によってブレーキ本体に伝達します。フットブレーキの多くは油圧式ブレーキであり、ペダルの踏力をマスターシリンダーのピストンによって油圧に変え、これをブレーキ油管やホースを通し各ホイールシリンダーに伝え、力に変えます。油圧式ブレーキシステムは、力の配分と調節が容易で、摩擦も少なく効率が良いため、ほとんど全てのフットブレーキに採用されています。しかしながら、一箇所の破損によって装置全体の作動が不能になり、ベーパーロックなどが起こることもあるため部品の精密さや強度には十分な注意が払われています。
その他、ブレーキシステムではありませんが、制動力を得るひとつの有効な方法としてエンジンブレーキというものがあります。エンジンブレーキによってブレーキシステムの損耗や過熱によるバーパーロックの防止にも役立ちます。方法は、長い坂を下りる時など、ギア及びクラッチを連結したままアクセルを離すと、エンジンや動力伝達装置が逆にホイールによって駆動されます。従って、エンジンは原動機ではなくポンプとして働き、車両の運動エネルギーを吸収して抵抗を与えます。ギアを低速にすれば一層大きな制動力が得られます。

Comments are closed.

最近の投稿