LEDバルブの働き

LEDといえば低消費電力、超寿命、高輝度といった利点から現在私たちの日常生活を取り巻くあらゆるものに採用されています。住宅照明などで使用されていますし、公共施設でも多く採用されています。それは自動車装備においても同様です。特に自動車はバッテリーを積んでおり、そこから電力を得ていますがバッテリーが上がってしまうと、自動車が動かせなくなってしまいます。そんな中、バッテリーに大きな負担を欠けることなく点灯させることのできるLEDバルブはとても重宝されています。また、消費電力以外でもメリットがあります。LEDは高輝度のため、日中でも非常に視認性が高く、テールランプやウィンカーなどに使用することで自車の存在をしっかりとアピールすることが可能なのです。LEDの信号機などを思い出してみれば分かり易いかと思いますが、昼間の明るい時でも視認性が高いため、ウィンカーやテールランプといった保安部品にも採用されているのです。さらに長寿命なのも大きな特徴です。女性や初心者の方など自動車に詳しくない方であれば電球の交換も難しい作業です。長寿命ということにより、こういった電球交換作業を減らすことができるので非常に利便性の高い部品と言えます。

Comments are closed.

最近の投稿