七城メロンドームに行こう!

七城メロンドームは熊本県菊池市にある道の駅です。水源の森百選に選ばれた自然休養林は夏でも水温が約13度にしかならないとあって避暑地として人気があります。
菊池市は東アジア情勢が緊迫した7世紀後半、九州防衛の地として重要な位置にありました。現在の中心地である隈府は大宰府府官の流れをくむ名門菊池氏の本拠地でした。南北朝時代には南朝方として九州北部に勢力を誇っていました。このような歴史的背景から、菊池市には古墳などの遺跡や城跡など歴史的建造物が数多く残されています。


菊池米は江戸時代からうまい米の代名詞でした。菊池川流域米七城の米は、菊池川の清らかな水が育んだ肥沃な大地、阿蘇伏流水の豊かな湧き水、花崗岩からなる土壌に工夫を凝らした技術によって香り高く甘みと触感のあるおいしいお米が作られています。菊池川流域米七城の米は全国のお米食味会において日本一を二度獲得しています。
米のほかにも七城メロンドームではどなんという肥料を使用して野菜を作っています。どなんは与那国島の隆起サンゴ礁中の化石サンゴを原料に作られています。どなんにはミネラルが豊富に含まれており、野菜が元気に育つため農薬を減らすことができ、安全な農作物を作ることができます。

Comments are closed.

最近の投稿