大観峰と周辺情報

大観峰は熊本県阿蘇市に存在し、標高936mの山で以前は「遠見ヶ鼻」と呼ばれており、徳富蘇峰によってに大観峰と命名された観光スポットです。大観峰の魅力は、その頂上から見た眺めの良さと周辺には幾つもドライブに最適な観光スポットが揃っている点です。

非常に人気が高く、熊本県のドライブできる観光スポットで必ず紹介されるのが大観峰となります。カルデラ盆地としての阿蘇谷、仏の涅槃像にも似ている阿蘇五岳、九重連山などが一望でき、自然の雄大さに心が洗われ、訪問した人の多くが満足しているスポットです。


 

訪れる時期としては年中訪れることが可能ですが、一番訪問されることが多いのは5月でその他、夏が過ぎた紅葉シーズンの秋季でも訪れることが出来ます。駐車場も広くなっており、しかも土産物売り場や軽食が出来る店舗もあります。

周辺には牧場もあるため、そこの伸び伸び育った牛からのミルクを使用したアイスクリームが美味しいと評判です。また少しドライブすれば、阿蘇観光牧場や阿蘇山の中岳火口、阿蘇神社、門前町商店街、阿蘇ロープウェイなどの観光スポットもありますので、そのついでに回ることも可能です。

広々とした自然環境の下では、パラグライダーを楽しめることもできる阿蘇ネイチャーランドがあり、他の観光スポットでは味わうことが出来ない娯楽を堪能できる魅力もあります。

Comments are closed.

最近の投稿