シフトレバーと取り付けの注意

運転席周りをドレスアップするのは自分だけの個性を示す方法としては非常に手軽で楽しいものです。少しずつアクセサリーを追加したり、またオリジナルにはない内装を取り付けたりすることも自分の個性を示す方法としては非常に有効です。
しかし、シフトレバー周りのパーツの取付には注意が必要です。シフトレバーは車の動作を左右する重要な部分である上とっさに操作することが必要になる部分であるため、その際に操作の妨げになる様な取り付け方をすると事故に繋がる危険性があるからです。
シフトレバー周りには基本的にこのようなアクセサリーを取り付けることは極力避けること、また取り付ける場合には自分が運転する姿勢になって操作をする際に妨げにならないことを事前に十分に確認することが必要です。
また、最近ではシフトレバー自身を交換する人も少なくありません。特に多いのが柄の長い物に交換することですが、これはその操作性を損なう上に、とっさの操作の際に操作を誤る可能性があること、また第三者が運転する際に操作が出来ないなどの問題が生じる可能性があるので一般的にはあまりおすすめできないものです。最終的には自分が最も運転しやすい形にすることが大切です。

Comments are closed.

最近の投稿