ショックアブソーバーの働き

車には路面からの衝撃を緩和させるために、サスペンションという機能が取り付けられています。
サスペンションが役割を果たすことによって、乗り心地を良くすることや車高を決めることができます。
サスペンションの基本的な機構の1つとして、サスペンションアームやスプリングと共に取り付けられているものに、ショックアブソーバーがあります。
これは当初はスプリングの働きを補佐するもので、安定性と乗り心地のバランスを取ることが役割だったと言えます。
現在ではドライビングインフォメーションの向上や、ハンドリング性能によって様々な特性があるものと考えられています。
スプリングの役割として衝撃を緩和させることが挙げられますが、それだけでは乗り心地の良さを作ることはできませんので、スプリングによって路面からの衝撃を受けた後に、振動の状態が長く続かないように止める役割を果たしているものとなります。
この振動を抑制させる力のことを減衰力と言い、減衰力が大きいものが硬いもの、小さいものが柔らかいものという表現の仕方をします。
振動減衰機能は乗り心地を良くすることの他に、車の姿勢の変化についても機能します。
コーナリングの際の姿勢の変化や、車の多くの動きに対して影響を与えてコントロールを行うものと言えます。

Comments are closed.

最近の投稿