知ったかぶりになってない?ブレーキのかけ方とは

自動車を運転しているときに必ず必要になることの一つがブレーキです。ペダルを踏んで止まることは自動車を運転する全員が行っていることですが、かけ方にもポイントがあります。
まず、止まるときにはエンジンブレーキを活用することです。これはペダルを踏むのではなくエンジンの回転を利用してスピードを徐々に落とすもので、ギアをシフトダウンさせることでギアの回転を抑えてスピードを低下させることが出来ます。この方法をマスターすると、自動車の機械部分にダメージを与えることなくスピードを落とせるのです。しかし、完全に車体を止めるまでには至らないため、通常のブレーキを併用する必要があります。
ペダルを踏んで車体を止めるときに活用したいテクニックが、ポンピングブレーキです。スピードを落とすときにペダルを一気に踏み込むのではなく数回に分けて踏むテクニックで、緩やかに車体を止めることが出来るようになるのです。また、ペダルを踏んだ回数だけランプが点滅するため、後続車両に減速するという意志を分かりやすく伝えることにもなります。しかし、複数回に分けてペダルを踏むために必要な制動距離が長くなってしまい、慣れないうちは止めたい場所に止めることが難しく感じられることもあります。その場合は、周囲をよく見てブレーキをかけ始めるタイミングを予測しましょう。

Comments are closed.

最近の投稿