初心者の運転手さんは必見!速度と停止距離とは

交通違反をしない様に速度は最低条件として標識を守ります、延いては安全運転に繋がります。道路には標識で速度が指定されています。指定されていない場合は法定速度と成ります。高速道路や自動車専用道路です。通学路等で人がいる場合には標識で指定されていても、直ぐに停止出来る様に徐行します。水平な道路では一定で走行する事は比較的に容易です。登り坂ではアクセルを踏まないと登らないです。荷物を積んでいるとギアチェンジが必要です。坂道でのノロノロ運転は他の運転者に迷惑です。下りの坂道ではアクセルを踏まなくても速度が出て、標識の指定以上に成り違反です。そうならない様にブレーキやエンジンブレーキを使用します。次に停止距離は二種類あります。一つはアクセルを離しブレーキを踏むまでの距離とブレーキを踏んで停止するまでの距離です。速度により大きく差があります。この停止距離を理解して置かないと、例えば、停止線をオーバーしてしまう事に成ります。水平の道路に比べ登り坂では距離が短く、下り坂では距離が長く成ります。従って道路状況に応じて停止距離を考慮した車間距離が必要です。車間距離が少ないと危険運転です。又、運転者の体調によっても停止距離が長くなりますので注意が必要です。

Comments are closed.

最近の投稿