ちゃんと考えて走行しよう!道路や交通の状況や天候などを加味した運転を

自動車の運転に慣れているベテランドライバーや経験あるドライバーであっても、道路状況や天候などをきちんと把握して運転することが必要です。例えば、雨の日や雪の日でも天気の良い日と同じ様にスピードを出して走行するならどうなるでしょうか。路面が濡れているために、スリップを起こしてしまいかねません。特に、急カーブや下り坂では、危険が倍増します。それで、雨の日や雪の日など路面が濡れている日はスピードの出しすぎに十分注意しましょう。また、雨が降っていると視界が悪くなりますので注意しましょう。あまりにも雨がひどいときには、少し休憩して少し雨が上がってから走行するようにしましょう。さらに安全に走行するためにすべきことは、交通状況です。特に高速道路を走行するときには、高速道路状況をラジオ放送や、サービスエリアなどの交通情報を確認してから走行するようにしましょう。事故による渋滞や道路規制、さらには障害物撤去による処理などが行われていますので、道路状況を必ず確認するようにしましょう。自分は運転に慣れているから、いつも通りに走行して大丈夫。と過信するのではなく、道路状況や天候は常に変わるということをいつも認識しておきましょう。

Comments are closed.

最近の投稿