ヴェイパーロック現象とは

ヴェイパーロック現象とは、自動車の中にあるフットブレーキが過熱した際に、伝達経路である液圧継続内部に蒸気による気泡が発生して、その気泡の影響により力が伝わらなくなることです。また、この力が伝わらなくなってしまうとブレーキペダルを踏んでもブレーキが利かず事故の原因となります。油圧式や燃料式のものでも同じ現象が起こりますが名前が区別されています。液圧式ブレーキの場合はある程度避けられない現象であるため仕方のないことです。強い衝撃や長い制動での際によく発生します。ブレーキの摩擦材が持った熱の冷却に間に合わなくてブレーキ配管内に気泡や蒸気が発生して起こります。予防するためにはフットブレーキの過度の使用で起こるため制動をエンジンブレーキに変換することで予防できます。その他にブレーキ液の交換や定期的にフルードを交換することで防ぐことが出来ます。ヴェイパーロックになってしまった場合の対処法はエンジンブレーキの使用により徐々に速度を落としていきシフトダウンしたり、ハンドブレーキを併用する、フットブレーキの依存(使用)をやめてしばらくの間冷却させて回復を待つなどして対処することが出来ます。最悪の場合は物理的な方法でとめます。

Comments are closed.

最近の投稿